※2016年1月15日付で有限会社アハバ音楽工房は、株式会社 アハバ クリエイティヴ パーティーに社名を変更致しました。

ahava creative party ?

アハバ クリエイティヴ パーティーとは・・・

ahava とはヘブライ語で『愛』という意味です。我々は、関係するすべての人に夢と感動を提供いたします。次の世代に残していくべきものは何かを考え「優しさ」「満足」「喜び」「感謝」が循環し増大していくような取り組みを、エンタテインメントを通じて、パーティー(=仲間)と共に実現していきます。


斜めストライプ

company profile

会社概要

社 名株式会社 アハバ クリエイティヴ パーティー
ahava creative party co., ltd.
代 表代表取締役 青木照和
代表取締役 大塚健太郎
設 立平成7年3月(1995年3月)
資本金1,000 万円
住 所東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビル12F
TEL03-5793-8051
FAX03-5793-8090

業務内容

沿革

1995年3月「有限会社アハバ音楽工房」設立
2016年1月「株式会社 アハバ クリエイティヴ パーティー」に社名変更
@ahava_c_party からのツイート


SOUND THEATRE Project

弊社が主催する SOUND THEATRE ( 新感覚・音楽朗読劇 ) とは・・・
手に汗握る朗読劇、五感を揺さぶる特殊効果、目には見えなくとも心に浮かび上がる舞台

昨今 ”朗読劇” と呼ばれるものは数多くあります。その中でサウンドシアターが ”新感覚・音楽朗読劇” と謳うのは、朗読劇の基盤である ”読み聞かせ” の部分はもちろん、舞台美術、照明、特殊効果、衣裳等にまでこだわり、五感を刺激する要素をふんだんに取り入れる事で、観客の想像力を限界まで刺激する、いわば ”イメージシアター” であるということからです。また舞台上での生演奏によって、音楽と朗読が互いにより一層寄り添い、高めあい、シンクロしていきます。これらの要素によって観客は劇中の温度や気候、登場人物の動きまでをも想像する事が可能となり、キャラクターの感情や回想をより鮮やかに、印象的に表現することができます。最大限に五感を刺激し観客を想像の渦に巻き込む、体感する朗読劇。それが ”新感覚・音楽朗読劇” サウンドシアターなのです。





management

土屋雄作

サウンドクリエイター / ヴァイオリニスト
土屋雄作Yusaku Tsuchiya

access map


地図


東京メトロ 日比谷線 広尾駅 徒歩 13分
東京メトロ 南北線 / 都営地下鉄 三田線 白金高輪駅 徒歩9分

> Google map



contact

TEL: 03-5793-8051
info@ahava.co.jp

Copyright © ahava creative party co., ltd. All Rights reserved.